CSR活動

こども110番の家

こども110番の家

①当社は地域のおこさまに対して、いちばん近くで暮らしを守る安心ステーション
「こども110番の家」として活動をしております。
②庄内学区の「こども110番の家」は下記を参照してください。

こども110番の家

「こども110番の家」とは

「こども110番の家」は、子どもが身の危険を感じた時に助けを求めて駆け込めるところで、子どもを保護して警察に通報してくれます。
普段からお子さんと一緒に、いくつかの場所を確認しておいてください。

「こども110番の家」の表示について

こども110番の家
「こども110番の家」の
表示プレート

右写真は、警察が委嘱した「こども110番の家」の表示プレートです。
この表示以外(警察署委嘱以外)にも、現在、地域のみなさんや各種企業等の自主的な活動による
「こども110番の家」が多数設置されています。






「こども110番の家」のみなさまへ

子どもが危険を感じたとき、恐怖心から逃れたい一心で「こども110番の家」へ駆け込んできます。
子どもが助けを求めてきたら、保護してあげてください。

  1. まず、自分が落ち着きましょう

    子どもが駆け込んできた場合に、話を聞く皆さんがあわてたり、興奮してしまうと、子どもたちはますます興奮して
    しまいます。 まずは、皆さんが落ち着いて対応してください。

  2. 子どもを落ち着かせて、何があったか聞きましょう。

    駆け込んできた子どもは、危険な目に遭ったため興奮しています。「もう大丈夫だよ」と優しい言葉をかけ、落ち着かせてください。
    子どもの話をよく聞き、事件の疑いがあるときは、即、110番通報してください。

  3. 警察官が到着するまで子どもをそのまま保護してください。

    子どもから話を聞くときのポイント
    ・子どもと同じ目線で話す
    ・子どもの体調に気を配る。(けがなどしていないかなど)

  4. こんな場合も・・・
     子どもが、「トイレを貸して」「雨がやむまで待たせて」などと駆け込んでくる場合もあります。
     事件でない場合も思いやりを持った対応をお願いします。

CSR活動

このページのトップに戻る